かわら版

片付けられないあなたへ!整理整頓のコツをつかんで自分らしい部屋に

仕事や育児に忙しく、片付けの時間さえろくに取れなくて悩んでいませんか。
この記事では、片付けられない原因を探りながら、かんたんなコツで小さく始められる解決策を紹介します。
基本的な片付けステップから整理整頓を習慣化するポイントなど、自分らしい快適な空間を手に入れるコツもお伝えします。
かんたんな時間管理で片付けを習慣化させることで、 生活の質が向上して心にも余裕が生まれますよ。
本当はちゃんと片付けたい、忙しくてもきれいな部屋で過ごしたい人はぜひ参考にしてください。

片づけられない 整理整頓

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

目次

片付けられない人の特徴は?

■仕事や育児で時間がない

■心に余裕がない

■物事の優先順位をつけられない

■ものが捨てられない

■片付けかたがわからない

整理整頓の基本!片付けのステップ3選

■「いる」か「いらない」かに分ける

■グルーピングして分ける

■定位置を決めて収納する

片付けられない人の整理整頓のコツ4選

■細かく分類しすぎない

■見えない収納を選ぶ

■自分に合ったルールを決める

■整理整頓の時間を決める

整理整頓が苦手な人は家政婦に頼むのもアリ

■スポットで必要な時だけ来てくれる

■細かい指示が出せる

まとめ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 
 

片付けられない人の特徴は?

散らかった洗濯物

 
 

■仕事や育児で時間がない

フルタイムの共働き家庭や、小さな子どもがいる家庭には、片付ける余裕がありません。
一日働いて帰ったあとや、子どものお世話で疲労困ぱい。
疲れと眠気でやる気がなくなるため、部屋の片付けが後回しになってしまうのです。
時間がない人は「ながら片付け」がおすすめです。
歯磨きしながら洗面台の片付け、服を着替えながらクローゼットの整理など、から始めてみましょう。

 
 

■心に余裕がない

片付けられない人は、心に余裕がないことも原因です。
「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉があるように、不安や焦り、ストレスを抱えている人の部屋は大抵片付いていません。
周りが見えなくなり、部屋が散らかっていても気が付かなくなるのです。
散らかった部屋を見て、さらにストレスを増やしてしまう場合もあるので注意しましょう。
部屋を片付ける前に、まずは心に余裕を持たせるのが先決です。

 
 

■掃物事の優先順位をつけられない

物事の優先順位がつけられない人も、片付けを後回しにしがちです。
何から始めればいいかわからず、パッと目についたものから始めてしまう傾向があります。
仕事も家事も一つひとつに優先順位をつけてから取り組むことが大切です。

 
 

■ものが捨てられない

ものが捨てられない人も、片付けられない人の特徴です。
「もったいない」や「いつか使うかもしれない」という気持ちが、片付けを邪魔してしまうのです。
人からもらったお土産や、限定の紙袋などを捨てられずに大量にとっていませんか?
感情に振り回されず、不要なものを手放す勇気が必要です。

 
 

■片付けかたがわからない

部屋を片付けたい気持ちはあっても、方法がわからず進められない人もいます。
何から始めていいかわからず、だんだん面倒になり、そのまま放置してしまうことも。
片付けかたがそもそもわからない人は、本やSNSを参考にしてみるのもいいでしょう。

 
 

整理整頓の基本!片付けのステップ3選

基礎的な整理整頓のステップを紹介します。
わかりやすく、クローゼットの収納を例に取り上げて解説します。

 
 

■「いる」か「いらない」かに分ける

まずはすべての衣類を取り出し「いる」か「いらない」かに分けます。
クローゼットに眠っている1年以上着ていない服は捨ててもいいでしょう。
「もったいない」「まだ着れる」「高かったのに」という気持ちを一旦切り離す勇気が大切です。
それでも迷ってしまう場合は、もうひとつ「保留ボックス」を作ってください。
「保留ボックス」は「1か月使わなかったら捨てる」など、必ず「期限」と「ルール」を決めましょう。
捨てることに躊躇する場合は、リサイクルショップやフリマアプリの利用もおすすめです。

 
 

■グルーピングして分ける

次に、残ったものをグルーピングしましょう。
トップス、パンツ、下着、靴下など、同じ種類のものを1箇所にまとめることで、どこに何があるのかが一目でわかります。
服を探す時間を大幅に減らせるので、日常生活がスムーズになります。
また、どこに何をどれだけ収納すればいいのかがわかるので、収納計画が立てやすくなりますよ。

 
 

■定位置を決めて収納する

最後はすべてのものに定位置を決めて収納します。
靴下は引き出しの一番上など、自分がわかりやすい場所、使いやすい場所に配置しましょう。
ものに住所を与えることで、使った後もすぐに元の場所に戻す習慣がつきます。
どこに置けばいいかわからない!ということがなくなるので、部屋も散らかりにくくなりますよ。
必要なものをすぐに見つけられるので、日々のストレスも減らせますよ。

 
 

片付けられない人の整理整頓のコツ4選

基礎的な整理整頓のステップを紹介します。
わかりやすく、クローゼットの収納を例に取り上げて解説します。

 
 

■細かく分類しすぎない

片付けられない人は、グルーピングは細かく分類しすぎないようにしましょう。
しっかり分類しようとすると難しく感じてしまい、片付けが億劫になってしまいます。
ざっくりとしたグルーピングでも問題ありません。
グルーピングの数が少ない方が、場所も覚えやすくなります。
片付けをかんたんに始めたい人は、大まかに分類を心がけてください。

 
 

■見えない収納を選ぶ

片付けが苦手な人は、見えないタイプの収納ボックスを選ぶといいでしょう。
蓋付きのボックスなら中身が隠れるため、外からはスッキリと見せられます。
箱の中が多少ごちゃついていても、自分が使いやすい状態ならOKです。
ざっくりとした収納で、「だいたいこの中にある」という方がわかりやすくて落ち着く人もいます。
見えない収納ボックスで、外からはスッキリ、中はざっくりとした賢い収納を取り入れましょう。


 
 

■自分に合ったルールを決める

片付けられない人は、自分に合わせた最低限のルールを決めましょう。
インスタ映えするような、ミニマリストな部屋を目指す必要はありません。
人によっては、ある程度ものが置いてある方が落ち着く人もいます。
自分が片付けしやすい空間、自分が心地よい空間を目指すのが大切です。


 
 

■整理整頓の時間を決める

片付けられない人は、片付けをする時間を決めておきましょう。
1日5分、週末の朝に30分といった、具体的な時間を設定します。
片付けをスケジューリングすることで、自然と行動に移しやすくなりますよ。
小さな達成感も味わえ、その後も片付けが継続しやすくなります。


 
 

整理整頓が苦手な人は家政婦に頼むのもアリ

上記のような人は、家政婦紹介所に頼むことを視野に入れてみましょう。
家政婦紹介所なら、自分の使いやすいスタイルに合わせて部屋の整理整頓を手伝ってくれます。
家政婦紹介所にお願いするメリットを2つ紹介します。


 
 

■スポットで必要な時だけ来てくれる

家政婦紹介所はスポット利用で、必要な時だけ来てもらえます。
仕事が繁忙期で忙しい、子どもが病気になって家事に手が回らない、といった特定の期間に絞って頼んでもOKです。
他にも、来客予定やイベントの前に、プロの手を借りて部屋を整えることもできます。
普段は自分でできるけれど、ピンポイントで来てほしい!と考えている人にはおすすめです。


 
 

■細かい指示が出せる

家政婦紹介所は家事代行業者よりも細かい指示を出して、好みに合わせた整理整頓をお願いできます。

「仕事用とプライベート用の服を分けて収納してほしい」
「絵本棚は大きさを揃えて並べてほしい」

上記のような具体的な要望もOKです。
職務内容も多岐にわたるので、余った時間で別のお仕事をお願いすることもできます。


 
 

まとめ

整理整頓が苦手で片付けられない方でも、小さなコツをつかむことで片付けがグッと楽になります。
片付けの基本ステップでも難しい場合は、自分のルールに合わせたざっくりとした収納を取り入れてみましょう。
完璧を目指さなくても心地よい空間を作れますよ。
どうしても仕事や子育てに追われて時間の取れない人は、家政婦紹介所を利用するのも一つの手。
すべてを自分で頑張ろうとせず、頼れるものを頼るのは賢い選択です。
ぜひ一度、相談してみてくださいね。

やさしい手大橋サービスでは、東京、神奈川、横浜、千葉、埼玉、大阪で家政婦をご紹介しております。多様なニーズに応える豊富な経験を持つ家政婦が多く在籍しており、あなたの生活をサポートしてくれます。家政婦をお探しのときはぜひお問い合わせください。

家政婦(ハウスキーパー)を探し頼む上で気になること

家政婦の選び方と注意点

家事は大きく分けると2種類、そんなふうに考えたことはありますか? 掃除、洗濯など元のキレイな状態に戻すことがゴールのものはリセット家事。

詳しく知る
家政婦紹介所と家事代行の違い

自宅で家事をしてくれる人を雇いたいとき、どのようなワードを思い浮かべられるでしょうか。多くの方は家政婦さん(お手伝いさん)を思い浮かべられるのではないかと思います。

詳しく知る
家事代行でよくあるトラブル?

家事は大きく分けると2種類、そんなふうに考えたことはありますか? 掃除、洗濯など元のキレイな状態に戻すことがゴールのものはリセット家事。

詳しく知る