家政婦求人・家事代行求人TOP »  研修情報 » 近藤真名美先生医学研修「女性に多い加齢に伴う疾患の理解と対応」研修レポート

研修情報

大橋サービスでは様々な年代の家政婦さんにお仕事をご紹介していますが、50~70代の女性が多く活躍されています。それを踏まえて、今回はお仕事上はもちろん、ご自身の体調管理の上でも興味深く、役立つ内容になるのではないかということで、テーマを決めて開催しました。
どれも耳にしたことのある疾患ですが、聞いたことがあるのと知識があるのとは大違い。
たとえば、40-50代に発症することの多い関節リウマチ。骨の病気ではなく、自己免疫疾患ということにびっくり… 小関節の違和感から始まるので、手の指が変形・腫れる・痛みなどの症状が出たら受診するのは、内科。血液検査ですぐに判明するそうです。

今回は関節リウマチ、甲状腺機能異常、骨粗しょう症、尿失禁や膀胱炎など
どれも身近な症状で、自分にも関係してくるかも…ということで、皆さん聞き漏らすまいと真剣に聴いておられました。

ところどころに挟まれる経験談や小ネタなどの近藤先生ワールドに惹き込まれ、活発な意見や質問も飛びかい、終始楽しい雰囲気の中で講義が進みました。

最後には、腹圧性尿失禁の対応策として骨盤底筋体操を皆で実践しました。
少々コツがいりますが、日々の積み重ねが大切ですよ(^_^)/
 
今の時代、介護職といっても医学的知識なしにはつとまりません。
楽しくてためになる、近藤真奈美先生の医学研修に是非ご参加ください♪

  • sidemenu07
  • sidemenu09
  • sidemenu10
sideimg01