新着情報

2014年8月15日

家政婦インタビュー (S・Mさん)

02
2006年4月登録 S・Mさん

S・Mさん、本日は急なお願いにもかかわらず、快くインタビューを受けてくださいましてありがとうございます。早速ですが、どの様なきっかけでやさしい手に登録をしようと思ったのでしょうか?
元々別の家政婦紹介所で働いていたのですが、そこの紹介所がちょっと自分には合わないかなと思っていたんです…なので前々からお名前を知っていた「やさしい手」に登録してみようと思いました。
実際に登録してみたらお仕事もたくさんあって、自分の希望条件の仕事をすることが出来てとても魅力的でした。

ありがとうございます。そうおっしゃって頂けることは私どもとしても非常に嬉しいです。
では、お仕事をするにあたって、お客様との対応で心がけていることはあるのでしょうか?

お客様に合わせる事ですね。

合わせるですか…例えばどのようなことをなさっているのですか?
お客様一人一人のやりかたや要望を伺って、その通りにお仕事をするようにしています。
もちろん家政婦として働いているのでこれは当たり前のことですが、その中でも何をしたら喜んで頂けるか、嬉しいと思って頂けるかを考えて働いてますね。
時間内にお願いされたお仕事を全部を終わらせた後、お客様に「他に何かすることはありますか?」と伺って、そのお仕事を終わらせたりしているのですが、そうするととても喜んで頂けます。
私も、そのことがとても嬉しいんです。

お客様に喜んで頂けることがご自身のモチベーションにも繋がっているんですね。
そうですね。私が今就労しているお客様はお料理がメインのお宅なのですが、
お客様に喜んで頂けるように日々TVや雑誌でメニューのチェックは欠かせませんね。
他にも家政婦友達同士でお料理のテクニック、メニューの情報交換も欠かせません。

常にアンテナを張り巡らせていらっしゃるのですね。
では最後になりますが今後の抱負をお聞かせください。

今後もやっぱりプロの家政婦としてプライドを持って仕事をしていきたいと思っています。
なのでお客様に来てもらってよかったと思って貰える様な努力は常にしていきますね。

本日はお時間を頂きましてありがとうございました。
とんでもありません。こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。



家政婦インタビュー (S・Mさん)トップ