新着情報

2018年12月10日

Kumi’sクッキング~洋のおもてなし料理~研修ブログ

毎回満員御礼の山﨑久美先生の調理研修。
今回のメニューは、クリスマスを意識して「洋のおもてなし料理」です。



まずはメインのミートローフと付け合せの人参とレンコンのグラッセに取り掛かります。

ミートローフの材料は合いびき肉と炒めた玉ねぎ、そしてパン粉、ほか調味料ですが
これってハンバーグと同じ!と思う人も多いのではないでしょうか?!
今回参加の皆さまからも質問がありました。答えは「パン粉の量が違う!」。
ミートローフはオーブンでじっくり焼くため、ハンバーグと同じ分量だと固くなってしまいます。
なので、ミートローフのパン粉はハンバーグの倍量なのです!

さて、ミートローフは材料をすべて混ぜたら糸を引くくらいまで練り合わせて、型に入れてオーブンへ。
出来上がりが楽しみです。

焼いている間にグラッセを作ります。
グラッセは単に野菜を柔らかく煮るのではなく、バターを加えているので最後にツヤツヤした仕上がりになるのが特徴。
野菜を厚めにカットして歯ごたえを残すようにして、砂糖を控えめにすることでおかずな味に仕上がりました。



そして、もう一つ。洋風生春巻き。
まずは、中身を準備。
今回は海老とアボカド、ロースハム、グリーンレタス。海老は殻ごと少なめの湯で茹でて、そのまま冷ますと、海老の水分が失われずにしっとりとした海老になりました。
下ごしらえのひと手間でこんなに変わるのだと実感しました。
生春巻きのソースはオリーブ油、レモンの絞り汁、塩、砂糖、粒マスタードという、これまたシンプルなものでしたが、これが本当に美味しい、ぜひまた作ってみたいです。

もう一つとても簡単だけど、オシャレなブルスケッタ。
クリームチーズに刻んだオリーブの実とレーズン、クルミを加えて、バゲットに塗るだけ。
「家で早速作る!」との声が一番多く聞かれました。

ミートローフには赤ワインベースのソースをかけていただきました。
生春巻きにはディルとピンクペッパーでクリスマスらしい飾り付けをして、さらにパーティ感が!



来月はおもてなしメニュー第二弾、「和のおもてなし」をテーマにおせちにも使えるメニューを作ります。
この機会にぜひ、テーブルがいつもより華やかになる、おもてなし料理を楽しく学ぶのはいかがでしょうか!



Kumi’sクッキング~洋のおもてなし料理~研修ブログトップ