新着情報

2018年11月8日

Kumi’s クッキング「秋を味わうメニュー」研修レポート

10月のメニューは「秋を味わうメニュー」♪
キノコの炊き込みご飯・南瓜のそぼろ餡かけ・秋鮭の具沢山味噌スープ・豆乳プリンの4品
いつも大人気のKumi’s cooking、
今回も満員御礼の20名の皆さまにご参加いただきました!



秋の食材をふんだんに使った季節メニュー、いつもながら食欲をそそられます!
キノコの炊き込みご飯はシメジ、椎茸、まいたけをたっぷり使って、醤油・みりん、酒を加えたカツオ出汁で炊き上げます。
米は5人前で1,5合。少ないのでは?と思いましたが、お米って洗って浸水すると2割増えるので大丈夫。
今回は片手鍋を使いましたが、土鍋とかル・クルーゼのような厚底鍋の方が失敗なく美味しく炊き上げるそうです。

南瓜のそぼろ餡かけは南瓜を炊いたら一旦、取り出して残り汁に鶏そぼろを加えて味付け。
水溶き片栗粉を加えてそぼろ餡を完成させたら、最後に針しょうがをのせていただきます。
生姜と南瓜が意外なくらい合う!後味のよい一品でした。



秋鮭の具沢山味噌スープにはサトイモや大根・人参といったほっくりした根菜と油ののった秋鮭の組み合わせ。
豆乳と味噌、仕上げにバターも加わって、もう美味しくないはずがありませんね。
秋鮭にまぶした片栗粉で口当たりもやわらかく、全体がクリーミーにまとまって身体が温まる感じ。
子供から大人まで大好きな味ではないかと思います。

デザートの豆乳プリンは濃厚な生クリームが決め手。
今回は45%と35%をブレンド。山﨑先生によると、42%くらいが豆乳に対してちょうどよいバランスだそうです。
今日はカラメルソースをかけていただきましたが、黒蜜でもメイプルシロップでも合いそうです。
カラメルソースは甘すぎず、大人の味でした!



Kumi’s cookingではお料理を学ぶと同時に材料や料理器具についても、毎回初めて知ることがあって、本当に勉強になります。
身近な食材でなるべく体によい食材を使うこともその一つ。
悪玉コレステロールを増やすトランス脂肪酸が含まれる植物性の生クリームではなく、生乳が原料の動物性生クリームを使用しています。
調味料の酒はいわゆる料理酒だと塩分が多く含まれるので、塩分なしのものか飲める日本酒を使います。
普段なにげなく使用していた材料や調味料を変えるだけで、美味しく、身体によいものが出来るなんて、お得な気分ですね。

さて、年末が近づく来月は「洋のおもてなしメニュー」♪
いまから楽しみです。
まだ参加されたことがない方にもぜひ体験していただきたいと思います。



Kumi’s クッキング「秋を味わうメニュー」研修レポートトップ