新着情報

2018年10月3日

Kumi’s クッキング「いわしを食べつくす!」研修レポート

食欲の秋 本番目前のKumi’s クッキングは「いわしを食べつくす!」ということで、梅煮、蒲焼、つみれ汁の3品です。



まずは蒲焼の付け合わせの菊花カブから調理スタート。
カブをしんなりんさせる「立て塩」という下処理を教えていただきました。海水くらいの塩水につけおいて、塩を洗い流さずにそのまま絞ってつかうやり方。漬け込む時間は少しかかりますが、あとは絞るだけなので楽ちんです。

続いて大量のいわしに取りかかります。
いわしの下処理では鱗を取り、頭を落として、内臓を取って、丁寧に腹の中を洗います。
山﨑先生はわかりやすく説明しながら、てきぱきと魚をさばいていきます。皆さん、前のめりで真剣にメモを取りながら聞いていらっしゃいました!

実際の調理では各チーム、分担しながら3種類のメニューをすばやく仕上げていきます!



そして、お楽しみの試食タイム!



山椒を振りかけた蒲焼は香ばしい触感もよく、ご飯の進む一品に。
梅煮にはゴボウも投入。魚の臭みを取るだけでなく、魚だしが染みてとてもよいアクセントになっていました。
そして、つみれ汁はふわっふわっの食感。最後に添えたゆずと白髪ねぎが爽やかさをプラス。
どれも、また作ってみたいメニューでした。



いつも人気の調理研修、今日も定員いっぱいの20名でおいしく
楽しくいただきました!



Kumi’s クッキング「いわしを食べつくす!」研修レポートトップ