新着情報

2018年4月18日

小野寺祐先生の介護研修~移動・移乗介助編~ 研修レポート

身体に負担の少ない介護スキルが学べると人気の、小野寺先生の介護実技研修。
実践現場ですぐに役立つ、移動・移乗介助について学びました。



【ボディメカニクスのおさらい】
ベッドを使い、介護者と要介護者に分かれてやってみました。

①要介護者の健側に車椅子を置き、ベッドの高さは車椅子の座面に合わせます。
②要介護者の両腕を介護者の首に回してもらい、介護者は要介護者の腰部に腕をまわしてしっかりと組みます。
③足は、要介護者の両足の外側と車椅子の横に位置します。
④要介護者が前傾姿勢になるよう、介護者は腰を落とします。
⑤要介護者の臀部が浮いたら、車椅子の方に方向転換します。
 ※移動距離が短いとより安全で負担が少ない。方向転換する時に身体をねじらないよう注意!
 ※バランスを崩さないように!
⑥利用者を臀部から静かに降ろします。

移乗の際に便利なスライディングシートがない場合は、大きなビニール袋やご自宅にあるバスタオルも有効利用できます。
また、今回はリクエストのあった着脱介助も含めて実習を行いました。
ケアワーカーさん同士、ご自身の利用者ケース等を相談しながら取り組む場面も見られ
皆さん真剣な中にも笑顔で楽しく技術を学んでおられました。

次回は5月開催です! 
介護に自信のない方、最新の介護技術を学んでみたい方
初めての方もどうぞ積極的にご参加ください♪



小野寺祐先生の介護研修~移動・移乗介助編~ 研修レポートトップ