新着情報

2017年10月19日

山中明子先生「自分本来の美しさを引き出すメーキャップ講座」研修レポート

女性なら誰しも気になる、メーキャップ。
メイクが上手くいくと、気分も高揚するものですよね。
今回は、アゼリア初のメーキャップ講座を開催しました!
講師は社交ダンスもされている、山中明子先生。
パワフルで軽快なトークで一気に家政婦さんのハートをつかみます。

メイクはベースが大切!
皆さん気になっているほうれい線に効果のあるマッサージや、目の周りのマッサージ、こめかみ・顎のマッサージなど、丹念に顔全体をマッサージしていきます。
ほうれい線のマッサージは、親指を口の中に突っ込み、裏側からマッサージしていきます!
よく舌で内側からマッサージする方法があると思いますが、実際に指で押した方が力を入れやすく、効果も抜群でした。
押してみると、こり固まってるのが良くわかりました。
効果がわかるように、顔の半分だけマッサージしてみると、皆さん目に見えて効果がすぐに現れ、びっくり!!
リフトアップしたり、血色がよくなったり、目が大きくなった方もいらっしゃいました。
自宅で手軽にできるマッサージで、効果が現れるのは嬉しいですね。



クレンジングは、ゴシゴシとこすって洗うのではなく、染み込ませるように顔を覆って、少しだけ動かすくらいで良いそうです。
ゴシゴシ洗ってしまうと、シミやくすみの原因になってしまいますよ。

化粧水は、高価なものでなくても十分!
日本製のもので、安くてもいいので、一度にたっぷりと使うのが良いそうです。
手のひらにとり、少し温めて、押さえるようにして染み込ませていきます。何回かに分けて行い、化粧水をたっぷり浸透させると、ぷるぷるのお肌に近づきますよ。
乳液はあくまで蓋をする役割なので、化粧水で潤いを与えていくのが大切なのだそうです。



化粧水をたっぷり含ませたら、マッサージします。
二人一組になって、実際に相手にマッサージをする練習もしてみました。
みなさん最初はおっかなびっくりでしたが、先生に「このくらいの強さで触って……」とアドバイスいただき、コツをつかんでいらっしゃいました。



ファンデーションは基本的に「叩きこんで」いきます。
パフなどで取ったあとに、顔の中心から外側に向かって、グラデーションになるように叩きこみます。
均一に塗ってしまうと、いかにも「お化粧しました!」な仕上がりになってしまうので、グラデーションにすることで、ナチュラルなメイクになるとのことでした。

1時間半の予定を30分オーバーしての熱血講義でしたが、先生が一人一人にアドバイスをしていただき、みなさん大満足で、とても素敵なお顔になっていたのが印象的でした。
マッサージも、利用者様のお宅で早速やってさしあげたい、というお声もあり、開催して良かったと感じております。
好評でしたので、次回開催も検討しております。
今回参加出来なかった方もぜひご参加ください!



山中明子先生「自分本来の美しさを引き出すメーキャップ講座」研修レポートトップ