新着情報

2015年11月12日

11月12日医学研修 『感染症の理解』 レポート

介護・看護アドバイザー、近藤真名美先生による医学研修が、
やさしい手本社ビルにて11月12日(木)に開催されました。

今回のテーマは 【感染症の理解】 です。

分かっているようで見落としていることも多い感染症について、詳しく勉強していきました!

・まずは感染経路について学びました。
★飛沫、空気、経口、接触、母子などがあります。

・感染症は、感染しても必ず症状が顕われるとは限らない(不顕性感染)ことも学びました。

⇒通常ならば発症しないような弱毒病原体による感染(日和見感染)を学んだ際、「HIV」と「エイズ」の違いについても学びました。ここの違いを知っている方は少なく、皆様の関心が高かったようです。

ブログ写真-完成

・では日頃の生活やお仕事先で、どう対処したら良いのか?を下記3つのポイントから具体的に学んでいきました。
①病原体をなくすこと・・・消毒(菌の力をなくす。数を減らす。)
②感染経路を絶つ・・・手袋、エプロン、マスク、うがい、手洗いなど
③宿主の抵抗力をつける・・・予防摂取、睡眠、栄養、運動など

その他、高齢者に見られる感染症、食中毒についても具体的に学んでいきました。

・近藤先生の医学研修はためになる!現場ですぐに役に立つ!と大好評です。
今回も皆様勉強になったと喜びの声を多数いただきました。

次回は1月の開催予定です!すぐに実践できる情報満載の医学研修。次回のご参加もお待ちしております!



11月12日医学研修 『感染症の理解』 レポートトップ